柔道整復師歴20年の私が、整骨院・接骨院の不正を皆さんに伝えるブログ

整(接)骨院は保険の利く何でも屋さんではありません。

整(接)骨院の先生である【柔道整復師の業務範囲】はケガ(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷)への施術のみです。
マッサージを業として行えるのは国家資格の【あんま・マッサージ・指圧師】のみであり、仮にあマ指師を雇っていても整(接)骨院内でマッサージを行う事は違法です。

柔道整復師資格と【マッサージ行為】【トレーナー行為】【整体行為】はなんら関係ありません、養成校(専門、大学)でも習得、履修しません。
・肩凝り、慢性腰痛等の【慢性疾患への施術やマッサージ行為】
・コンディショニング、メンテナンス、予防、ストレッチ等の【トレーナー行為】
・骨盤矯正や小顔矯正、肩甲骨はがし、筋膜リリース等の【整体行為】
これらについては素人であり、マッサージと同様に整(接)骨院内でそれらを行う事は「柔道整復師法」で禁止されていますので、たとえ自費施術でも違法行為になります。
更に、【慢性疾患への施術やマッサージ行為】【トレーナー行為】【整体行為】その他、急性のケガ以外で保険が利いていれば、捻挫や打撲に書き換える「傷病名の偽装」という不正行為をされている可能性が高いです。
これは犯罪ですので、患者側も承知の上で行われていれば先生と仲良く逮捕される場合があります。

整(接)骨院の柔道整復師はケガ(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷)しか扱えません。

初めまして、当ブログの管理者「インチョー」です。

整骨院・接骨院という「柔道整復業」に携わって20年、不正請求やワケの分からない自費診療など、腐りきったこの業界の体質を改善したい! なんて大それた野望を抱きながらこのブログを始めましたw 既に色んなサイトさんやブログさんで内情暴露、不正の実態暴露や体験談など記されてますが、現役業界人の独り言?ボヤキ?暴露?wにお付き合いください。

■整骨院・接骨院への正しいかかり方
(画像をクリック)
■不正請求について詳しく解説します
(画像をクリック)
■業務範囲を逸脱した自費(自由)診療について解説します
(画像をクリック)

去年の11月の東京新聞の記事だけど、載せてみます。

柔道整復師が打撲や捻挫の施術を行う接骨院で、施術回数や負傷部位を偽るなどして企業の健康保険組合に療養費(治療費)を不正・不当に請求し「不支給」となった件数が、二〇一七~一八年度の二年間で約三万八千五百件に上ったことが健康保険組合連合会(健保連)の調査で分かった。不支給額は本紙の推計で一億五千万円規模となる。健保連は近く厚生労働省に不正請求の対策強化を求める。

引用元:東京新聞 TOKYO WEB

今日の患者さんたち8/5

じゅーせー肯定派の自分語りが始まったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

五十肩で整(接)骨院に行くんですってwwwwwwwwwwww

令和になってもアホ患者とアホじゅーせーち(笑)はまだまだのさばる

膝の靭帯損傷で整(接)骨院に一年半通った猛者www

柔道整復師(全員アホ)は今日も明日も明後日もアホ

交通事故は最初から最後まで整形外科で!



これは紹介しておきたい。

アホな患者とアホな柔整師はまだまだのさばる


ひょっとして健康保険でアロママッサージ()やってませんか?wwww